開かれた通貨宣言

現在の社会の基盤として、民主主義や人権、自由などの概念がある。これらの価値を抑圧する人は国際社会から非難される危険を冒す一方で、NGOなどの擁護者は世界中から支援を得られる可能性がある。

開かれた通貨宣言は、現代社会の業績を経済分野に応用したものである。1948年に国連で採択された世界人権宣言からの引用に始まり、現在の通貨システムの正統性について疑問を投げかけている。

  • 非民主的な管理: お金は誰もが必要な道具であるが、現在このお金は民間銀行が管理しており、誰が融資を受けられ事業を始められるかは銀行次第である。
  • 高価: お金の借り手は元金に加え複利を負担する必要がある一方で、利益は限られた人間だけが掌中にする。
  • 退蔵可能: お金の所有者はお金を好きな期間退蔵ができるが、これによりお金の流通が阻害され、本当に必要な人が迷惑を受ける。
  • 不公平: 複利の存在により、大多数の貧しい人を犠牲にして豊かな人の資産が増えてゆく(詳細はケネディを参照)
  • 持続不可能: 永遠に指数関数的な成長を要求する現在の通貨システムは遅かれ早かれ破綻する運命にある

簡単にいうと、われわれの通貨システムは非民主的で、人権や自由を考慮していないわけだ。

通貨システムは自然法則ではなく合意事項であり、これは人間のニーズに合わせて作成され、今でも改編可能であることに留意されたい。われわれの交換手段がわれわれの価値のためになるようにするためには、通貨システムを改編する必要があるわけだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。