Archive for 2007年10月

欧州訪問記

10月 31, 2007

今月私はヨーロッパを訪れ、補完通貨システムや関連テーマの関係でいろいろと勉強してきた。時間順にごく短く紹介したい。

まずスイスはチューリッヒに到着し、歴史上の通貨制度についての研究を行っている世界でも貴重なMoney Museum を訪問した(注:この博物館は毎週火曜午後のみ開館)。また、この博物館を運営しているSunflower Foundation が2010年に、通貨制度の専門家たちが意見を交換したり、補完通貨の実践例を紹介したりするMoney Forumを開催する予定だという話も聞いた。夜には古代ローマのコインについての講演会に参加したが、それによるとユリウス・カエサルが暗殺された理由がコインから読み取れるらしく(元老院が彼のことを好ましく思っていなかったらしい)、通貨が伝えるメッセージに私は興味を持った。

翌日はローザンヌに移動し、世界各地で社会的な融資制度を実施しているフランソワ・ド・ジーベンタール(François de Siebenthal)氏と面会した(彼の事業についてはこちらを参照)。最初の実践例はマダガスカルで生まれ、灌漑設備や住宅、教会や文化センターなどの建設資金を補完通貨で融資しており、彼によればうまく行っているという。またベーシックインカム(基礎所得)の重要性も彼は語り、自らのプロジェクトでそれを実現していると強調した。また面白いエピソードとして、スイスでは一般市民が周辺のユーロ諸国と比べて中央銀行の統括権を持っており、自治ができていることを誇りにしていた。

その後フランスはリールに移動し、相互扶助活動の他に連帯経済関係者の間で使えるポイントカードの機能も持つ電子補完通貨システムのSOLプロジェクト についての会議に参加した。この会議はフィリップ・デリュデ(Philippe Derruder)氏の基調講演から始まり、彼は現在の通貨制度が環境や社会の改善に役に立っていないと述べ、お金とは「社会的信頼に基づいた人間関係」に過ぎないとしたあとで現在の「金融部門による通貨創造の不当性」を指摘し、補完通貨が経済的自治の道具であると語った。SOLプロジェクトの運営委員であるセリナ・ウィタカー(Célina Whitaker)女史が補完通貨一般やSOLプロジェクトに関して説明を行った後で、SOLを受け取る事業所(フェアトレードの店、自転車のシェアリングを推進するNPOなど)の視察が行われた。現在のところ、リールを中心とするノール・パ・ド・キャレー地方では1500枚のカードが発行されており、2008年12月にこの実験期間が終わってからどのようにこのシステムを継続するかが課題であるということである。

最後の目的地はスペインの首都マドリッドで、ここでは私が補完通貨についての一般的な講演を行った。Stro (オランダのNGO)のヤップ・フィンク(Jaap Vink)氏が、ブラジル・ポルトアレグレ市ですでにComprasという名前で実践され、575社が41万レアル(約2700万円)を流通させている、法定通貨を担保とした内部交換システムC3 (Circuit of Consumers and Commerce)や商品の担保のある中米(ホンジュラスやエルサルバドル)の事例(詳細はこちらで)、そしてブラジルはフォルタレーザ市のFomento(仕組みを理解するにはこちらを参照)といった、実施されているプロジェクトについての説明を行った。私の講演のあとで、カナリア諸島在住のステファニア・ストレーガ(Stefania Strega)女史が、ちょうど自然界における窒素のようにお金は循環すべきだと話し、全体的なビジョンの重要性を強調した。問題のある家庭向けや若者向けのものなど、Bancos del Tiempo(時間銀行)の実践例が紹介され、今後まだまだ成長してゆくと確信した。

翌日はこれ以外にもスペインで生まれている面白い話を聞いてきた。たとえば、スペインのみならず中南米についても情報満載の連帯経済のポータルサイト国境なき経済学者団(Economistas sin Fronteras)、また明るい未来につながるニュースだけを紹介するwww.noticiaspositivas.net(英国のサイトwww.positivenews.org.ukのスペイン語版)と、連帯金融を行う銀行coop57である。できることならこんなスペインに住んでいろんなことに取り組みたいものだが…。